2010年8月15日日曜日

『波止場』から『八月十五夜の茶屋』への転向

マーロン・ブランドは映画『波止場』(1954年)で主役を射止める。監督はエリア・カザン。ブランドの演技は冴えわたり、この映画が代表的なメソッド演技といまでも評価されている。しかし役作りはこころに反作用を及ぼした。心理療法を専門医なしで行うようなものである。情緒不安定となり、隠れて病院の診療科に通うようになる。以後の役者人生に深刻な影響を及ぼした。また同時に恩師であるエリア・カザンの身辺にも深刻な事件が生じていた。冷戦が始まった52年に共産主義者の疑いをかけられたカザンは、身の潔白を証明するために共産党員の疑いのある11人の友人の名前を非米活動委員会に公表したのだ。自分は『波止場』では仲間を救うために命をささげる主人公を演じたのに恩師であるエリア・カザンは仲間を売って自分が助かろうとした。許せるものではない。ここでもブランドの精神は壊れてしまった。翌年の55年、エリア・カザンが監督の『エデンの東』の主役のオファーがきたがブランドは断わった。代役はジェームス・ディーンであった。ジェームス・ディーンはブランドのコピーを忠実に演じた。断わったブランドが選択したのが『八月十五夜の茶屋』だった。この映画のタイトルの8月15日は戦勝国の戦勝記念日を意味するもので戦勝国のおごりを表現したものであった。撮影はもめにもめて2年がかりで56年に完成した。その間の状況は子役として共演した沢村美司子さんから聞いているが。監督のダニエル・マンとブラントはことごとく意見が衝突し、しばしば撮影は中止されたという。内容はコメディでわれわれには荒唐無稽としか言えないもので、はっきり言って沖縄のアメリカ進駐軍のプロパガンダ映画そのものである。ブランドが演じた日本人通訳サキニもキモイ男であり、俳優としてのブランドのキャリアにはなりえないと思うが意外なことに彼は満足していた。わたしは何故ブランドが『エデンの東』を断わり『八月十五夜の茶屋』を選択したのかその後の出演作を見て分かった。精神を病んでいるものにとってメソッド演技がどんなにキツイものであるか。かれはメソッド演技法から逃れたかったのだ。役を作りに作ればサキニなり、ゴッド・ファーザーになり、地獄の黙示録になるのだ。仮面をつけて演技するのも役者の道なのだと悟ったのだと思う。ところでブランドの女癖の悪さは有名であるがとくに東洋の女性に目がなかった。沢村みつ子さんは14歳だったので対象外とのことであるが、共演の清川虹子には猛烈にアタックしたらしい(清川虹子著『泣いて笑って芝居して』によると結婚を迫られたそうだ)が『八月十五夜の茶屋』の時に夢中になっていたのがインド人女優アンナ・カシュフィで映画の完成後即結婚したところをみると清川女史の思い込みか?思い込みは、良い思い出になるので清川女史は同じコメディアンの伴淳三郎と結婚したことの方が良かった筈。結婚した方には不幸が待っていた。ブランドの愛はビビアンにあったのではないかと想像する。残念ながら証拠がないのであくまでも創造とする。アンナ・カシュフィはビビアン・リーのコピーだった。インド、ダージリン生まれのアイルランド人との混血という経歴は彼女の親族が全面否定しているのだ。カシュフィのいう経歴はビビアン・リーの経歴に他ならない。恐らくブランドの気持ちを推し量ってビビアンの経歴を詐称したのであろう。いじらしい女性だ。後に二人の結婚は破局し、いまカシュフィはトレーラーハウス暮らしでブランドの思いでのみで生きている。<写真>マーロン・ブランドとアンナ・カシュフィ                                

2010年8月14日土曜日

『欲望という名の電車』マーロン・ブランド

アメリカ映画の黄金時代は、51年の『欲望という名の電車』で始まり、79年の『地獄の黙示録』で終わったと言えなくもない。両方とも主演した俳優はマーロン・ブランド、扱いにくさではトップクラスといわれながら、ブランドは時代の先端を疾走した。彼を育てたのは、ロシア演劇スタニスラフスキーの演技理論を元にした「アクターズ・スタジオ」。
かずかずの性格俳優、ジェームス・ディーン、ポール・ニューマン、ダスティン・ホフマン、ロバート・デニーロ、アル・パチーノらを排出した演技学校である。これまでの既成概念にあてはまらない自由で、刺激的な演技を披露した。生々しい彼らの演技は、若い世代の観客の支持を集め、ハリウッドに新しい時代の到来を告げた。
映画の舞台になったニューオーリンズには「欲望(Desire)」「極楽(Elysian Fields)」といった変わった名前の通りがあり、『欲望という名の電車』は、「欲望通り(Desire Street)」を走っていた電車である。この電車には「Desire」という表示がされていた。『欲望という名の電車』(A Streetcar Named Desire)とはシンボリックなタイトルである。
この映画では、テネシー・ウィリアムズの同名の戯曲をエリア・カザンが監督し、『風と共に去りぬ』(1939)でアカデミー主演女優賞を受賞したビビアン・リーが主演した。ブランドは脇役であるが、重要な役であるステラの夫の役を演じた。主人公は名家出身の女性ブランチ。社会に適応できないブランチは堕落し、やがて故郷を追われて妹のステラの下に身を寄せる。しかし、ステラの夫スタンリーは退役軍人で粗野な工場労働者だった。ブランチは暴言・罵倒、挙句に隠していた過去を晒され、暴行される。ブランチは痛めつけられ、施設に入れられる。
結末は悲惨である。何時も雨が降っているような映画である。じめじめしたニューオーリンズの風土ならありえる話で、わたしも現地に行ってみたが、乾いた米国とは異質な世界である。この映画でブランドは粗野で男くさい新しいタイプのスターとして一躍注目される存在になり、ビビアン・リーは消えていった。スカーレット・オハラは新しいスターと交代した。

2010年8月1日日曜日

英国の父権は世界一

英国の父権は世界一と書くとたちどころに異論が来るだろう。そんな筈はない、英国は女王の国だ、さらに女性首相にサッチャーがいたではないか。世界一のカカア殿下、いや失言、レディー・ファーストの国であるからして父権が世界一になりようがないではないか。まあ大体こんな反応が返ってくるだろう。
ところがである、英国王室ですら父権に母親は口を出さないのである。たとえ理不尽な父親の権勢の行使に対してもだ。エディンバラ公フィリップの場合、よく公衆の面前で息子のチャールズ皇太子を激しく叱責した。たいがいは父親の理不尽な理由であったらしい。周囲の者はやきもきしたが、一貫して女王はいっさい口をはさまなかった。父権を認めていたのである。
もうひとりのチャールズの場合、父権によってあやうくその稀有な才能がつぶされそうになった。『種の起源』を世に生み出した「ビーグル号の航海」に博物学者としてチャールズ・ダーウィンが乗りこむことに父親のロバート・ダーウィンは猛反対したのだ。断わりの手紙まで書かせた。当時22才になっていてしかも学者として評価されていた成人の意志を認めなかったほど父権は強かったのである。救ったのは叔父の生物学者ジョシア・ウェジウッドであった。彼がいなかったらダーウィンの進化論は無かったかもしれない。
やけに強い父権を振り回す背景には中世いらいの「弱い父ヨセフ」に対するキリスト教徒の拭いがたきコンプレックスがあると思われる。ヨセフは母マリア、子イエスに比してかなり影が薄い。英国人の父権へのこだわりにそれを許したくない気持ちがあるのではないか。
かくて中世以降の英国は父権国家?になる。帝国主義の時代の潮流に便乗してパターナリズム(父権主義)として確立される。当たり障りなく支配するのにこれはけっこう役に立った。現地人を父親のように善導する、英国王室が父権をもって当たるわけだ。今もなお、エディンバラ公フィリップは英連邦の元植民地の現地人に以下のような言葉をかけている。「あなたたちはほとんど海賊の子孫なのではないのですか?」(1994年ケイマン諸島訪問時、現地人に質問)。「なんとか食べられずに済んだのですね」(1998年パプアニューギニアを探検した学生に発言)。「まだ槍を投げ合っているのですか?」(2002年オーストラリア訪問時、オーストラリア先住民ビジネスマンに質問)。これらは皮肉でも冗句でもない。ほんとうに父親として心配しているのである。