2010年9月21日火曜日

人と犬との真実~ひとはいぬに飼われている

犬と人間との関係ほど、お互いの誤解にもとづいて成りったている関係はない。男と女ならいずれ誤解が解消することもあるが、犬ではその可能性はない。これは永遠につづく誤解である。そもそも人間が犬を飼っているのか、犬に人間が飼われているのか、そのあたりからして怪しい。「犬が完全にその家の主人の地位を奪い、飼い主を脅して従わせ、命令を下すようになった」といった例はわたしの身近にいくらでもある。人が犬を選んだのではない、犬がわれわれ人間を選んだのだ、人間は犬に捕らえられてしまったのだというのが、最近の考古学と行動科学の結論だ。ダーウィンやローレンツが、狼とジャッカルが混血して犬になったと信じていたことや洞くつに住んでいた古代人が狼の子を連れてきて飼いならしたのが犬になったという古典的物語を支持する生物学者はほとんどいない。さて遺伝子の突然変異で狼の捕食本能や警戒心が欠如して生まれたのが原始犬である。DNA鑑定では原始犬が狼から分岐したのが13万5千年前。考古学では確実に犬だとされる化石は1万4千年前、中東のいくつかの地点で発見されている。人間と犬が同じ生活圏で化石として発見されているが、親密になる前の付かず離れずの関係は結構長かったのは確かだ。ラテン語で犬カニスCanisは古代ローマ人がいう「たかり屋」である。原始犬は人間が出す生ゴミや糞を食って生きていた。ゴミ捨て場を縄張りにするとその地域の狼を寄せ付けなかった。狼は人間と原始犬のまわりをいつもうろうろしていたわけだが、原始犬は人間の力を借り狼を追い払うのに成功した。いまや狼は生存競争にやぶれ動物園にいるのみの存在になってしまった。一方原始犬は約7千年まえに飼い犬と野良犬に分かれ現在では1億頭あまりが地球上あまねく繁殖している。ある時人間は原始犬を飼い犬にしてしまった。人間は大きな目をした丸い顔の小さな動物にめっぽう弱い。じっと見つめられると何とかしてあげたくなる。家の中に入れてしまった。犬という「たかり屋」まんまと乗せられてしまったのだ。人間は9億人が飢餓に苦しんでいるというのに「お犬さま」は働かず、ペットフードは食べ放題、1日に一度は人間を綱で引っ張りながら散歩を欠かさない毎日を楽しんでいる。

2 件のコメント:

  1. 初めまして(^_-) ン~、否定出来ない思想ですね。

    返信削除